英会話クラスの概要

さわざき英会話スクールの概要
トップ > スクールについて > 英会話スクールの特徴

さわざき英会話スクールの特徴

福井県坂井市春江町にあるアットホームな英会話教室です。幼稚園児~成人まで幅広いクラスがあります(クラス一覧を参照ください)。 講師として、教室に通ってきていただく以上は英語を上達していただく責任を実感しています。 毎回の宿題など、大変な点もありますが、「厳しいけれども身に着く」レッスンで、他の英会話教室から移ってくださる生徒さんもいらっしゃいます。見学等お気軽にお問い合わせください。

外国語教育のプロによる指導

講師はアメリカの大学院で英語教育を学び、教育学修士号- Master of Education を取得した、英語教育のプロです。大学などでの講師経験も豊富です。

少人数制

一人一人の能力を適切に把握するため、1クラスは7~8名程度となっています。

リーディング(読む)、ライティング(書く)の指導

会話練習に加え、絵本など子どもが楽しんで読める教材を使用してリーディングの指導も行ない、日記やスピーチなどライティングにも力を入れていきます。音声面とリーディングの指導両方を通して英語を効率的に学習していきながら、4技能をバランスよく伸ばしていきます。

多読(Extensive Reading)の実践

Extensive Reading リーディングの指導を通し、ある程度自分で文章が読めるようになったころから「多読」を導入します。 「多読」とは、辞書を使わずに英語の本を多量に読む方法で、英語で本を読む楽しさを味わいながら、英語の力を伸ばしていきます。 非常にやさしいレベルの本から読み始め、個人のレベルに応じてだんだんと難しい本にチャレンジしていきます。 大量のインプットを通して「英語をそのままの語順で理解」できるようにし、英語で考えられる力をつけていきます。 教室には現在約500冊の英語絵本があり、レベル別に分類されています。

必ず宿題があります

英語はピアノと同じ。週に1時間レッスンに参加するだけでは上達しません。日々の積み重ねが必要で、家庭学習をどの程度するかが学習の大きなポイントです。そのため、小学生以上のクラスでは毎回宿題がでて、次のレッスンは宿題をちゃんとしたことを前提でレッスンが進みます。宿題内容:CDを聞いて歌やテキストの会話文を練習する、リーディング(絵本などを読む)、ライティング(日記などを書く) などです。

国際理解教育

グローバル社会の中、生徒の国際理解を推進していくために、定期的に講師を迎え「国際理解教育ワークショップ」を開催しています。世界の国々、そして自分たちが住む世界に関する興味を深めることは英語学習にも大きな意欲をもたらします。(ワークショップの様子はこちらでご覧いただけます。

年に一度の発表会

毎年年度末に会場を借りて発表会を行ないます。実際にレッスンで読んだ絵本を自分たちで演じる英語劇は毎年大好評です。学習の成果を家族や大勢の観客の前で発表することは、大きな自信につながります。(発表会の様子はこちらでご覧いただけます。

保護者との密な連絡

月に一度の教室だより(ニュースレター)で、レッスンの内容を保護者の方に連絡するほか、児童英語教育に関する様々な情報を提供します。また、半年に一度「アカデミックレポート」をお渡しし、学習の様子を詳細にご連絡します。保護者の方の授業参観も大歓迎です。


日時: 2008年2月15日 09:14
トップに戻る
このページのカテゴリ: スクールについて
このページのタイトル:英会話クラスの概要
ラトガース大学でのMBA留学時代の日記を公開中
デンバーレポート2013
ロンドン・ランカスター2012
ワシントンDCレポート2011
オースティンレポート2010
オーランドレポート2009
マス計算の問題を無料で印刷できます。問題はアクセスするごとに変わります。
ハロウィンカボチャ:ジャコランタンの作り方
copyright © 2000-2017 all rights reserved
さわざき英会話スクール - Sawazaki English School
〒919-0405 福井県坂井市春江町上小森4-5-8 ご連絡はこちらから
(株)ふくいコミュニケーションズ / ふくいウェブ・コミュニケーションズ
Fukui Communications Co., Ltd. / fukuiweb communications